苦しめられた病気

痔には昔から世界中で悩まされ続けました。しかし現在は肛門科という診療科ができたため治療が進歩しています。肛門科に行くのは恥ずかしいと行かない方もいたようですが、最近では受診する人が増えています。

続きを読む

皮膚の病気

爪水虫とは水虫の症状が爪に起こるものです。爪水虫になると、爪の色が白色や黒色になり爪の厚みがまします。気づいたらすぐに皮膚科に行って治療を受けましょう。手の爪は早期に発見しやすいですが足の爪はなかなか気付きにくいので足の爪にも意識を向けてみてください。

続きを読む

おすすめリンク

  • 木村歯科医院

    医療器具の洗浄・滅菌が徹底してあるので感染を予防できます!見沼区の歯医者で白い歯を手に入れましょう。
  • 神谷町皮フ科形成外科

    自費診療の美容外科にも対応している港区の皮膚科を受診したい方はこちらの病院にしませんか?
  • 明日の笑顔に自信が持てる 武蔵小山の矯正歯科ガイド

    どこの歯医者を受診するか迷っている方必見!武蔵小山駅の矯正歯科について詳しく知ることができます。

アレルギー性の病気

アレルギー性鼻炎の種類と原因

 今や日本人の40%が悩まされると言われているアレルギー性鼻炎は、発症の低年齢化が進み、患者数は年々増加する傾向にあります。アレルギー性鼻炎は季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎の2つに大別することができます。季節性アレルギー性鼻炎は花粉をアレルゲンとして鼻の粘膜が刺激されて起こる花粉症のことです。これに対して季節に関係なく、ダニやハウスダストなどが原因で一年中症状がでるのが通年性アレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎はしきりに鼻水、くしゃみが出る為作業に集中できない、鼻づまりで眠れない等日常生活に支障をきたします。自然治癒で症状が治まることがあるのは患者の内数%に過ぎません。病院では血液検査でアレルゲンが何かを調べてから治療を始めます。

様々な治療法と注意点

 アレルギー性鼻炎の薬物療法としては、抗アレルギー薬の鼻のスプレーや飲み薬で症状を抑えるということが考えられます。また、外科的療法には、鼻の粘膜をレーザーで軽く焦がすレーザー治療があります。レーザー治療は飲み薬の量を減らすことができ、副作用もないという利点があります。欠点としては、期間をおいて複数回治療を行わなければならないことが考えられます。レーザー治療の効果は永久に続くものではないからです。治療の後は運動制限等もなく通常の生活を送ることができます。ただ、注意すべきこととして、鼻水が出るからといって安易にアレルギー性鼻炎と判断しないということが挙げられます。間違った判断で症状が悪化したり、薬の種類により副作用が出たりすることもあります。信頼できる病院で的確な治療を受けましょう。

誰でもなる病気

痔とは誰でもなる可能性のある病気です。便秘で無理に出そうとしたりすることが原因になります。普段から便秘にならないように食物繊維を多く含んだ食事をとることが大切です。また便座に座ったまま長いすることも負担がかかるのですぐにトイレから出ることも予防法です。

続きを読む