誰でもなる病気

痔を防ぐ。その生活習慣が危ない

痔と聞くと、深刻な病というよりは、どちらかというと恥ずかしいような笑ってしまうような、軽く見られがちな病気です。 しかし痔を甘く見ていると、普通の生活すらままならなくなってしまうこともあるのです。 痔は誰でもなる可能性のある病気です。 主に痔になってしまう原因は、便秘などにより、便を出そうとして必要以上に力んでしまったりすると、肛門括約筋が弱ってしまい、これが原因になります。 もう一つは、便を無理に出してしまい、肛門が切れてしまうと切れ痔になってしまいます。 普段から便秘にならないように、便を柔らかくするような食事をとること、出なければ無理に出そうとしないことが予防になります。 他にも、便座に座ったまま本を読んだ利する行為も、肛門に必要以上に負担をかけてしまうので、用が済んだらトイレには長居しないというのも予防法のひとつです。

簡単に痔を予防するテクニックとは

痔に一度なってしまうと繰り返してしまう人も少なくありません。 ひどくなってしまうと手術も必要になりますので、普段から予防しておくの重要です。 痔の原因はとにかく、便を無理に出そうとすることにあります。 残便感があっても、力んでも出てこないときには無理に出さず、また次回に回すというのが肛門科医の見解です。 一日一度にまとめて出さなくても、小まめに少しずつだすのが、肛門の負担にならず良いようです。 それから、少しでも肛門が切れてしまったり、違和感を感じたら、早めに薬を塗り対処することで、悪化させずに治すコツです。一般家庭にある傷薬でも効果があるようですが、専門薬の方が効き目が早く治りやすいです。 気になった時にすぐ使えるように、常備しておくのがおすすめです。